顔 産毛 処理

顔の産毛処理方法、超入門!美肌女子の身だしなみナビ

顔の産毛処理方法のおすすめをまとめています!キチンとすればニキビ予防やスキンケア全般にプラスの効果があるのに、間違った方法でトラブルを起こす方が多いそうです。これから顔の産毛処理をする方から、エステで本格的に美肌ケアしたい方まで必見です

顔の産毛処理成功の秘訣

顔の産毛は、メイクをしたときに仕上がりにもとても影響するものです。

 

特に肌の透明感を出すには、産毛のない肌が必要であり、ニキビや吹き出物の発生を防ぐためにも一見地味ですが、効果はてきめんであると言えます。

 

あまりこういう情報というのは口コミでしか知ることができないようなので、ここではセルフでできる処理から、プロに任せる方法まで、参考になるものをまとめています。

 

顔の産毛の処理方法は人それぞれですが、一番多いのが剃刀を使って剃る方法でしょう。

まずはここからお話します。

 

このときの注意ですが、剃りすぎてはいけないという事です。
顔の産毛は毎日剃るものではありませんから、肌への負担や角質を傷つけてしまうなど理由から、顔の産毛の処理は、多くても週に1回ほどにしておきましょう。

 

そして剃刀と使うときに、石鹸を使って剃刀を滑らせやすくする人がいますが、これは肌の乾燥をさせる原因になりますので辞めたほうがいいです。

 

石鹸の泡は角質層にも負担がありますので、特に産毛の処理のときに剃刀を使うと、とても傷が付きやすくなります。

 

石鹸はさらに負担を与えてしまいます。顔の産毛処理のときはローションやクリームを使って剃りましょう。ボディローションやコールドクリームでも大丈夫です。肌への摩擦が少なくなるように、クリームで保護します。

 

顔の産毛は剃刀を使うときには、このようにしっかりと「保湿」をおこない、肌を守ることがポイントです。慣れない方では、剃刀を使いすぎることにより、肌の色が黒くなって色素が沈着するトラブルも有ります。

 

綺麗な透明感をだすには、産毛もたまには処理をしないといけませんが、あまり頻繁にする必要はありません。ですが正しい知識は必要です。

 

肌への負担をまずは考えて剃刀を使うときは気をつけましょう。顔用の剃刀など安全に使えるものがありますので、剃刀を使う場合は顔用の刃が小さいものが使いやすいでしょう。

 

それに近年ではフェイシャルエステや顔専門に脱毛をおこなうサロンなどが、手軽に利用できるようになりました。費用も随分安価なため、月に1~2度のお手入れで、十分な効果を持続できるようです。

 

また、顔だけじゃなく、もっと下の部位、いわゆるvライン脱毛も普及しています。
それだけ無駄な毛をなくすことが最低限の身だしなみとして定着してきているのですね。
わたしも今度vライン脱毛に挑戦してみようと思います。

 

 

 

 

最近の投稿